古い建物を新築のように変身させるリノベーション

リノベーションとは、建物を建築時(過去の新築時)の状態に再生するリフォームとは違って、建物の骨格(スケルトン)だけは維持しながらも、その内外装共に全く別のものに造り変えてしまう、という建築工法のことを指します。つまり、全くの新築とは言えないものの、事実上の新築に当たるともいえる、建物の大々的な改築工事というのがリノベーションというものなので、このリノベーションを行うことで、築何十年をも経過している古い建物を、事実上の新築同様の建物に変身させてしまう、という大規模改修工事なのです。木造建築である場合には、その建物の骨格(スケルトン)だけを残して、その内外装を造り変えてしまう、といった工法は物理的に難しいでしょうから、ほとんどの場合、木造建築では古くなった建物は取り壊して、新たに新築する、といった世代交代が行われているわけです。これに対して、鉄筋コンクリート建築の建物である場合には、建物骨格(スケルトン)のみを残しての内外装改築、という工法が可能であるため、このリノベーションが行われる対象となるものは、鉄筋コンクリート建築である建物、と考えてしまっていいものと言えるでしょう。

実際にはも、建物自体は築何十年といったものであるにも関わらず、その内部がこのような工法によって再生されたもの、という実例には事欠かず、スーパーマーケットとして入居しているテナントが交代して、別のチェーンのスーパーマーケットに代替わりする際には、このリノベーションが行われて、全く別の店のようになってしまった、というようなことは、誰もが意識せずとも体験していることなのです。窓のリフォームのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*