日本語教師が活躍する日本語学校 - 日本語学校の日本語教師に求められているもの

日本語教師が活躍する日本語学校

国内で最も日本語学習者が多いのは、日本語学校です。

日本語学校の情報検索ができます。

日本語学校での学習者はいくつかのタイプに分けることができ、それによって求められる教師像が異なってきます。

最も一般的なのは日本語を学ぶことを目的に来日した、就学生を対象とした学校です。

就学生というのは日本語学校や専修学校の一般課程・高等課程などで勉強することを目的に、就学ピザで入国する人たちのことです。大学院・大学・短期大学・専門学校などで教育を受けようという人には留学ピザが下ります。
在留期間が異なり就学ピザは6か月、留学ピザは1年です(いずれも更新は可能)。

こういった学校ではピザを含めた日本での生活全般についてのケアを、教師が行うこともあります。また学生の大半が大学や専門学校への進学を希望しているので、進学指導も必要です。
日本で仕事をしている社会人を対象とした日本語学校もあります。



具体的には日本語教師を外資系企業などに派遣している派遣会社に登録したり、外国人ビジネスマンを対象にしたコースを持つ日本語学校に応募することがあげられます。



企業などに派遣された場合単なる日常会話だけでなく、日本におけるビジネス上の慣習や専門用語などについても教える必要があります。また個人授業の形式で教える場合は、相手が仕事で忙しいケースも多いことからより効率的な教え方が要求されます。
ビジネスマンを相手にするプライベートレッスンや企業研修で授業をする日本語教師の場合、派遣会社などを通さずフリーランスの日本語教師として活躍する道もあります。